中国における模倣品調査・摘発はプロにお任せください。

模倣品調査・摘発まで対応します

 ご承知のように、中国では日本の著作物を用いた模倣品が大量に出回っています。中国での模倣品ビジネスへの対策は難しい面が多くありますが、これを放置し続けると取り返しのつかない事態に発展しかねません。
 北京アイアールでは2002年から中国での模倣品対策事業を開始し、日系企業をはじめとする多数のクライアント様から継続的に依頼を受けています。
 模倣品の調査、取締りは中国全土で対応可能です。

 

権利侵害商品に対する調査

権利侵害商品、模倣品の氾濫する程度や規模、市場シェアなどについて追跡調査を行う。

特定地域に対する権利侵害の監視

クライアントが指定した特定地域やターゲットについて監視し、定期的にウォッチングレポートを提出する

個別案件への取締り

権利侵害者に対する法執行機関の検査に協力し、権利侵害品や模倣品を没収し、権利侵害者に対する処分を与える。

市場一斉摘発のための事前調査

市場での摘発前に、指定地域の市場を調査し、侵害者が集まっている市場およびその中の侵害者の状況を調査・確定する。

市場一斉摘発の実施

クライアントに確認・選別頂いた市場内のターゲット店舗に対して一斉摘発を実施する。

権利侵害者の刑事責任の追究

証拠取りのための調査を通し、十分な証拠を提供し、法執行機関に協力して侵害者の刑事責任を追究する。

 

模倣品調査・摘発に関する費用は案件ごとに大きく異なります。
お気軽にご相談ください。

中国著作権専門サイトTOPページへ戻る