中国著作権ニュース(2010年上半期)

著作権法の改正法、4月1日に施行

2010/3/3 出所:中国知識産権報

 

2月26日に第11回全国人民代表大会常務委員会第13次会議で中華人民共和国著作権法修正案が通過され、胡錦涛国家主席が法案に署名して、著作権法改正法は2010年4月1日施行される。
第11回全人代常務委第13次会議は、「中華人民共和国著作権法」を次のように改正することを決定した。

  • 第4条を「著作権者は著作権を行使するとき、憲法及び法律に違反してはならず、公共の利益を損なってはならない。国は法に基づいて著作物の出版、伝達の監督管理を行う」と改正する。
  • 第26条として、「著作権に質権を設定するときには、質権設定者及び質権者が国務院の著作権行政管理官庁で質権設定登記をする」の1カ条を追加する。

改正後の著作権法は6章61条となり、決定に基づいて修正するとともに条項の順序を手直しした後、改めて公布する。

新聞出版総署でネット著作権委員会の設置・発足

10-1-21 出典:新京報

 

昨日の午後、国家新聞出版総署が公安部および工業・情報化部と連携して、「中国著作権協会・インターネット著作権工作委員会」を設置・発足した。委員会に参加している初期メンバーの120社企業が『中国インターネット業界著作権の自律宣言』に共同署名して、ネット上の作品利用・発信の秩序の規範化について誓約を行った。

中国著作権専門サイトTOPページへ戻る