中国著作権の基本的事項に関するよくある質問

中国著作権の基本的事項に関してよくある質問

企業ロゴのデザインについて中国で商標登録と著作権登録を検討していますが、それぞれどのような特徴がありますか?

商標は出願後に実体審査が行われ、登録されて初めて権利が有効になります。
審査を経て登録されるので、申請(出願)から時間がかかる一方で、安定的な権利として、損害賠償や差止請求などを行い易いのが特徴です。
一方で著作権は、創作の時点で創作者に権利が自動的に発生し、著作権登録の際にも実体審査は行われません。迅速に登録される一方で権利としては不安定な面を有しています。侵害品に対して権利行使をする際にも、商標に比べて立証のハードルが高くなると考えられます。
また、保護期間は商標が登録から10年で「更新」により永続的な登録が可能であるのに対し、著作権の保護期間は原則として50年(起算日等は著作権の内容や著作権者の種類[個人・法人など]により異なります)となっています。

中国における「職務著作」について教えてください

公民が法人またはその他の組織の仕事課題を完成するために創作した作品は職務著作となります。
権利については、以下のように規定されています。

 

以下の場合を除くほか、著作権は著作者に帰属する。
ただし、法人またはそのほかの組織は業務範囲内で優先的に使用する権利を有する。
作品が完成して2年以内は、所属先の同意なしでは著作者は第三者に所属先が使用するのと同じ方式で当該著作物の使用を許可してはならない。
次の事情にあてあまる職務著作については、著作者は氏名表示権のみを有し、著作権そのほかの権利は法人またはその組織に属する。
その場合、法人またはそのほかの組織は著作権者に奨励金を与えることができる。

  1. 主に法人またはその他の組織の物質上の技術的条件を利用して創作し、かつその法人等が責任を負う工事設計図、製品設計図、地図、コンピュータ・ソフトウェアなどの職務著作物/li>
  2. 法律、行政法規、または契約により定められた、法人またはその他の組織が享有する職務著作物

日本の職務著作とは相違点が多いため、権利の帰属に関する契約のあり方を工夫する等、注意深い対応が必要となります。

中国著作権FAQトップへ戻る

中国著作権専門サイトTOPページへ戻る