中国の著作権制度

中国著作権法における保護対象の著作物

 中国著作権法において保護対象とされる著作物は以下の9種類とされています。
 文学、美術作品などの古典的な著作物のほか、自然科学・社会科学・産業技術等の著作物が含まれるとされています。

  1. 文字による著作物(文学作品、論文など)
  2. 口述による著作物(講演など)
  3. 音楽、演劇、演芸、舞踊、曲芸芸術による著作物
  4. 美術、建築による著作物
  5. 写真の著作物
  6. 映画の著作物及び映画の撮影製作に類する方法により創作された著作物
  7. 工事・建築設計図、製品設計図、地図、見取り図などの図形による著作物及び模型の著作物
  8. コンピュータソフトウェアの著作物
  9. 法律、行政法規に規定されるその他の著作物

中国著作権物に関する権利の内容

著作権(著作財産権)
  • 複製権: 印刷・コピー・録音等により著作物を複製する権利
  • 発行権: 販売等により公衆に著作物を提供する権利
  • 貸与権: 有償で著作物を一時的に使用することを許諾する権利
  • 展示権: 美術・写真の著作物を展示する権利
  • 実演権: 著作物を実演する、実演した著作物を放送する権利
  • 放映権: 放映機材等を用いて、映画の著作物等を公開・再現する権利
  • 放送権: 無線・有線の方式で著作物を放送・伝達等する権利
  • ネットワーク伝達権: 有線・無線の方式で公衆に著作物を提供等する権利
  • 撮影製作権: 映画等を媒体に固定させる権利
  • 翻訳権: 著作物を他の言語に翻訳する権利
  • 翻案権: 著作物を改変して新たな著作物を作り出す権利
  • 編集権: 著作物(またはその一部)を選択等して、新たな著作物として編集する権利
著作者人格権
  • 公表権: 著作物を公表するか否かを決める権利
  • 氏名表示権: 著作物に氏名を表示する権利
  • 改変権: 著作物を改変し、または他人に改変させる権利
  • 同一性保持権: 著作物を改竄等されないようにして同一性を保持する権利
著作隣接権

著作物に関する出版者、実演家、レコード製作者、放送事業者等の権利を保護するため、日本と同様に著作隣接権が認められています。

  • 出版権:
  •    契約により発生する排他的な出版権
       出版した図書・定期刊行物の版面設計の使用に関する権利
       (※版面設計権は日本の著作権法では規定されていない権利です)

  • 実演家の権利:
  •    氏名表示権/同一性保持権/生放送・中継に関する権利/録音・録画の許諾に関する権利/
       録音・録画物の複製等に関する権利/インターネット等を通じた伝達に関する権利

  • 録音・録画製作者の権利:
  •    録音・録画物を、複製、頒布、貸与、インターネット等を通じた伝達などの権利

  • 放送事業者の権利: 著作物を改竄等されないようにして同一性を保持する権利
  •    放送するラジオ及びテレビ番組の中継放送すること/
       放送するラジオ及びテレビ番組を媒体上に固定し、その媒体を複製すること

保護期間

著作権(著作財産権)と公表権の保護期間(原則)は以下の通りとなっています。

自然人の場合

・著作者が死亡した日から50年を経過した年の12月31日まで。
(※共同著作物の場合は、最後に死亡した著作者の死亡日から50年を経過した年の12月31日までとなります)

法人の場合

・最初に公表された日から50年を経過した年の12月31日まで。

 

※著作者人格権のうち、氏名表示権、改変権、同一性保持権については無期限とされています。

著作権の制限

中国著作権専門サイトTOPページへ戻る