中国著作権登録はアイアールにお任せ下さい。各種申請手続き・翻訳、模倣品対策までワンストップ対応。

中国著作権の重要性

中国での知財保護、模倣品対策は多くの日本企業にとって大きな課題となっています。
ブランド(商標)や技術(特許等)の模倣・盗用に関するニュースが様々なメディアで注目されてきましたが、実は中国での知財関連訴訟(民事事件)の50%以上が著作権に関する訴訟であるといわれており、その案件数も年々増加しています。
特許(または実用新案)や意匠での保護が難しいと思われる創作物については、著作権に基づく権利行使の可否が模倣対策のカギを握ることもあります。またソフトウェア等のデッドコピー対策としも著作権は有効です。
模倣行為や技術流出に代表される中国の知財リスクに対しては、特許権・商標権といった個別の権利による保護だけではなく、著作権をも含めた知的財産権全体としての多面的・複合的なアプローチによる保護を図ることが重要といわれています。

中国での著作権登録はお任せください

著作権に基づく権利行使に際しては、権利の存在や帰属についての立証が必要となります。
著作権は、原則として著作物の創作によって自動的に発生するものであり、審査や権利内容の公開等の制度もありません。著作権登録は、立証負担の大きい著作権に関する紛争における証拠として利用できるほか、様々なメリットを享受できます。
中国での知財リスクに備えるための現実的な手段の一つとして、著作権登録の活用を図るケースは年々増えています。

中国著作権登録サービスの詳細はこちらをご参照ください。

中国における著作権の保護・活用をトータルサポートします

当社の中国法人・北京恵利爾知識産権信息諮詢有限責任公司( Beijing HLE Consulting, LLC [通称:北京アイアール] )は、中国知財と専門文書翻訳のプロフェッショナル集団です。
業界に先駆けて1999年に事務所を設立して以来、高度な実務能力と迅速で丁寧な日本語によるサポートにより、多数のクライアント様から高い評価を頂いております。日本での情報が少なく、不明瞭な点が多い中国著作権についても、長年にわたり多くの案件を処理してまいりました。
単純な著作権登録のみならず、ライセンス契約書などのリーガル翻訳や、中国現地での模倣品調査・摘発まで、ワンストップで質の高いサービスを提供しております。中国著作権でお困りの方は、是非、経験豊富な日本アイアールのサービスをご活用ください。

更新履歴